department

脳神経外科 概要


ご挨拶・治療方針

脳血管障害や頭部外傷など一般な脳神経外科診療分野について充実した設備と経験をもって手術および血管内治療(カテーテル治療)を行っております。
複数の脳神経外科専門病院で脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など)や頭部外傷の顕微鏡手術を中心に研鑽し、2020年までに経験した総手術件数は1200例を超える実績があります。
第二の専門領域として高齢者に発症する水頭症である特発性正常圧水頭症の診断と治療に積極的に取り組みながら、水頭症に併存しやすいアルツハイマー型認知症などの変性認知症の診療も行っております。
頭痛、手足のしびれ、ふらつき、しゃべりにくさ、めまい、もの忘れなど、頭に関する不安について、お気軽にご相談ください。迅速な診断と丁寧な説明、診療ガイドラインにそった最新治療の提案を心がけております。

対象疾患

成人に発症する正常圧水頭症

正常圧水頭症でお困りの患者様へ

詳細はこちらから

脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など)

認知症(正常圧水頭症、アルツハイマー型認知症など)

頭部外傷

機能性疾患(顔面けいれん、三叉神経痛など)

診療実績

下記よりご確認ください。

メッセージ

最新のガイドラインに基づいた標準的治療を行っております。

<医療設備>
CT(128列高速二重螺旋撮影)
MRI
脳血管撮影装置
画像処理システム(VINCENT 第4世代)
頸動脈エコー
脳波

スタッフ紹介

宮﨑 晃一(みやざき こういち)

役職 医長
経歴

複数の脳神経外科専門病院で脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など)や頭部外傷の顕微鏡手術を中心に研鑽し、2020年までに経験した総手術件数は1200例を超える。

第二の専門領域として高齢者に発症する水頭症である特発性正常圧水頭症の診断と治療に積極的に取り組みながら、水頭症に併存しやすいアルツハイマー型認知症などの変性認知症の診療も行っている。

専門領域 脳卒中
頭部外傷
認知症
正常圧水頭症 
所属学会・資格等 医学博士
日本脳神経外科学会専門医
日本認知症学会専門医・指導医
日本脳卒中学会
日本正常圧水頭症学会
日本脊髄外科学会
日本神経内視鏡学会
日本頭痛学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳神経外科認知症学会 
講演・学会報告

2021.2.27市民講座 認知症ケアフォーラム(大阪)

講演老いも、認知症の発症も、ペースは変えられる

宮﨑晃一

 

 

 

2021.2.20 22回日本正常圧水頭症学会(岩手)

一般口演DESH所見患者の脳ドパミントランスポーターシンチグラフィ所見

宮崎晃一、山田誉大、花岡宏平、甲斐田勇人、石井一成

 

 

 

2021.2.19 22回日本正常圧水頭症学会共催プレミーティングセミナー

講演: Comorbidityを前提として挑むiNPH治療

宮崎晃一

 

 

 

2020.2.29 21回日本正常圧水頭症学会(名古屋)

シンポジウム特発性正常圧水頭症の発症とDefault mode network connectivity変化の関連

宮崎晃一、花岡宏平、甲斐田勇人、千葉康敬、石井一成

 

 

 

2019.12.7 11回関西脳神経外科認知症勉強会

一般口演:脳神経外科医として診る認知症疾患の鑑別

宮崎晃一

 

 

 

2019.9.14 Hydrocephalus2019 (カナダ バンクーバー)

一般口演: ALTERED REGIONAL CEREBRAL GLUCOSE METABOLISM IN PRECLINICAL STAGES OF INPH

宮崎晃一、花岡宏平、甲斐田勇人、石井一成

 

 

 

2019.8.25 関西iNPH診断・治療セミナー

一般口演:特発性正常圧水頭症診療における認知症の考え方

宮崎晃一

 

 

 

2019.2.23 20回日本正常圧水頭症学会(高槻)

一般口演特発性正常圧水頭症のpreclinical stageにおける画像所見

宮崎晃一、花岡宏平、甲斐田勇人、千葉康敬、石井一成

 

 

 

2018.10.20 Hydrocephalus2018 (イタリア ボローニャ)

一般口演: Correlation between disproportionately enlarged subarachnoid-space hydrocephalus MRI findings and clinical improvement after shunt operation in idiopathic normal pressure hydrocephalus

Koichi Miyazaki, Kazunari Ishii, Ryuichi Takahashi, Takahiko Tokuda, Madoka Nakajima, Takaharu Okada, Hiroaki Kazui, Masakazu Miyajima, Etsuro Mori, Masatsune Ishikawa


近年の学術活動

論文

1.  Miyazaki K, Hanaoka K, Kaida H, Chiba Y, Ishii K. Association between idiopathic normal pressure hydrocephalus symptom onset and reduced default mode network connectivity. Dementia and geriatric cognitive disorders. 2020;49(3).


2.  Miyazaki K, Hanaoka K, Kaida H, Chiba Y, Ishii K. Changes in cerebral glucose metabolism caused by morphologic features of prodromal idiopathic normal pressure hydrocephalus. EJNMMI Res. 2019;9(1):111.

3.  Miyazaki K, Ishii K, Hanaoka K, Kaida H, Nakajima K. The Tight Medial and High Convexity Subarachnoid Spaces Is the First Finding of Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus at the Preclinical Stage. Neurologia medico-chirurgica. 2019.



地域の先生方へ

脳卒中や頭部外傷の急性期治療をはじめとして社会的需要が高まっている認知症診療にも積極的に取り組み、地域医療に貢献できる診療科を目指していきます。
つきましては急性期神経疾患のご紹介、認知症診断や治療のご依頼、頭部MRI撮影および読影のご依頼などお気軽にご連絡いただけたら幸いです。また、こちらからも脳卒中後のフォローなどを患者様のお近くの医院様にご依頼・紹介させていただく場合も多く出てくるかと存じます。
今後、先生方と良い地域の連携を築いて行けましたら幸甚です。



診療科・部門一覧に戻る